COLUMNコラム

ステーキを簡単・上手に焼く3つのポイント!

2017.08.04

こんにちは、REALBBQです。

本格BBQには欠かせない分厚いステーキ。
でも上手に焼けるか不安。


そんなあなたにオススメする
ステーキを「簡単」かつ「上手に」焼く3つのポイントをご紹介します!





①肉は「常温」に戻してから焼くべし!




ある程度の分厚さがあるステーキ肉を焼く場合、
常温に戻してから焼くのが1つ目のポイント。


均一に火が入るだけでなく、肉汁が流出するのを防ぐことができます。





②「塩」は焼く直前に!「黒胡椒」は焼いた後に!



塩は焼く直前に振りましょう。
思ってるより少し強めに振るのがポイント!


塩を振ると肉から水分が出てしまうので、すぐに焼き始めましょう!



この段階で黒胡椒も振ってしまうレシピも多いですが、
黒胡椒は熱が入りすぎると雑味や苦味が出るので、焼いた後に振るのがオススメ。


その方が黒胡椒の芳醇な香りが楽しめます!








③焼いた後は肉を休ませよう!





両面焼き目をつけた後は、肉を少し休ませていきます。


3cmほどの厚さのステーキであれば、ホイルなどに巻いて、
1cmほどの厚さであればまな板の上などでそのまま寝かせていきます。


時間の目安は、焼いた時間の半分から同じ時間ほど。
中に火が入りすぎないように調整していきます。



寝かせることにより、肉汁が中でまとまってくれジューシーな味わいが楽しめます!








ここにも注意!

また、肉を柔らかくするため、
針や包丁などで肉の筋切りの処理をするのは、BBQ時はオススメしません。


肉の中心部まで雑菌が入り込むためです。

筋切りをする場合は中までしっかり加熱していきましょう。





この夏は分厚いステーキに挑んでみては!?














イベリコ豚ステーキ 680円







ニューヨークカットステーキ 450g 2500円







✳︎合わせて読みたいコラム
REALBBQ PARKをもっと楽しむための3つのポイント!

(ステーキを「フォトジェニック」に焼くポイントが掲載されています!)