RECIPE事例紹介

近頃話題のコンフィって?おいしさの特徴とおすすめの食べ方 vol.2

コンフィって何?


近頃、ビストロやワインバー、おしゃれなカフェなどでも見かけるようになった「コンフィ」をご存じですか? フランスではポピュラーな料理として親しまれるコンフィは、焼くのではなくオイルで煮て作ります。保存性をあげることを目的に、昔から使われてきた調理法です。



コンフィにする食材は、様々な種類の肉や果物であることが多く、肉の場合は油脂を、果物の場合は砂糖を用いて調理するのが一般的です。高温で揚げるのではなく、低温で煮ることによって保存性が高まり、水溶性の化合物が外に出るのを防いでくれます。そのため、食材本来に含まれる旨みや肉汁を逃さず、柔らかくしっとりジューシーに仕上げることができます。

日本ではおしゃれで贅沢な料理というイメージが強いようですが、もともとは冷凍技術のない時代に、肉の保存のために考えられたもの。

オイルで煮た後にそのまま冷やし、固まった脂肪で肉を完全に覆うと、数か月間保存できるようになるのです。オイルで煮た時点で食材には中まで火が通っているので、食べるときは軽く焼くだけでもOK。表面を焼いてパリッとさせることで、肉の香りがより一層引き立ちます。

コンフィの種類


それでは簡単に、いくつか代表的なコンフィの種類を紹介しましょう。



鶏もものコンフィ
揚げてもない、焼いてもない独特な食感が、いつものチキンとはまた違ったおいしさを作り出しています。鶏肉の脂が煮るときに使うオイルに溶けだすので、さっぱりとした味わいに。粒マスタードをつけて食べるのもオススメです!

骨つき鶏コンフィ
低温の脂でじっくり火を通すので身がホロホロになり、骨からもはがれやすく、お子さんでも簡単にきれいに食べることができます。骨から染み出した旨み成分が身にしっかりと溶け込んでいるのが特徴です。外見はフライドチキンに似ていますが、ひとくち食べれば、その食感は全く別物! 驚くこと間違いなしです。

豚バラのコンフィ
脂の旨みが特徴の豚バラをオイルで煮ると、肉の持つ水分と旨みが溶け出すのを防いでくれます。そのため、非常にしっとり柔らかくジューシーな仕上がりになるのです。箸でも簡単に、サクッと切れちゃいます!

・鴨コンフィ
鴨のもも肉は焼いただけでは固くて食べずらいことも多いですが、コンフィにすることによってビックリするほど柔らかく、ジューシーな仕上がりになります。ソテーと比べると時間がかかってしまいますが、コンフィにするとグッと旨みが増すので、時間をかける価値アリです!



その他にも砂肝やサンマのコンフィ、そして果物のコンフィなど、たくさんの種類があります。いろいろチャレンジして、自分好みのコンフィを見つけてみてください。

BBQでのコンフィの活用法・おすすめの食べ方





キャンプやアウトドアでのBBQで、肉の塊を焼く瞬間はテンションがグッと上がるはず。しかし調理に時間がかかったり、食べてみたら生焼けだったなど、慣れていないと意外と苦労があります。

でもコンフィなら大丈夫! すでに低温でじっくりと煮てあるので、食べる前に表面をサッとグリルするだけOK。簡単時短BBQ料理としても活用できます。表面をカリッと香ばしく焼くだけで、柔らかくておいしいお肉が食べられるんです。

コンフィの良いところは「簡単」ということだけではありません。いつもの料理にコンフィのお肉を足すだけでも、味わい深い料理に変身させることができます。

例えば、カレーに鶏のコンフィを入れれば、いつもとは一味違った深みのあるチキンカレーに。BBQ時のカレーにもこだわりたいという人にはぴったりの食材です。

そして保存性が高いことを活かして、キャンプの2日目の朝には、コンフィを挟んだホットサンドはいかがでしょうか? 前日に盛り上がって、少し疲れが残った眠い朝でも、ササっと表面を炙るだけでおいしいお肉の完成。あとはお好みの野菜と一緒に、バケットに挟めば、おしゃれカフェにも劣らない素敵な朝食を堪能できます。

保存食にもなるので、週末のアウトドアに向けて、作り置きしておくことも可能です。いつものキャンプやアウトドアでのBBQに、コンフィを試してみませんか?

今回ご紹介した商品

  • 豚バラのコンフィ 300g
    ¥800
    フランス南西部が発祥の「コンフィ」。 コンフィの語源はフランス語の動詞「コンフィル(confire =「保存する」)」からで、もともとは冷凍技術のない時代に、肉の保存のために考えられたものです。 塩をすり込んだ鴨肉や鶏肉・豚肉・砂肝などを、ひたひたの油脂の中に入れ、じっくり低温で加熱。そのまま冷やし、固まった脂肪でお肉を完全に覆うことで、数か月の保存が可能に。高温で揚げるのではなく低温で煮ることで、肉をホロホロに柔らかく仕上げることができます。焼き上げると脂身がカリッとした食感に。 すでに中まで火が通っているので、表面を香ばしくグリルしてお召し上がり下さい。 <h2>コンフィって何?</h2> 近頃、ビストロやワインバー、おしゃれなカフェなどでも見かけるようになった「コンフィ」をご存じですか? フランスではポピュラーな料理として親しまれるコンフィは、焼くのではなくオイルで煮て作ります。 保存性をあげることを目的に、昔から使われてきた調理法です。 <img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00000774.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> コンフィにする食材は、様々な種類の肉や果物であることが多く、肉の場合は油脂を、果物の場合は砂糖を用いて調理するのが一般的です。 高温で揚げるのではなく、低温で煮ることによって保存性が高まり、水溶性の化合物が外に出るのを防いでくれます。 そのため、食材本来に含まれる旨みや肉汁を逃さず、柔らかくしっとりジューシーに仕上げることができます。 日本ではおしゃれで贅沢な料理というイメージが強いようですが、もともとは冷凍技術のない時代に、肉の保存のために考えられたもの。 オイルで煮た後にそのまま冷やし、固まった脂肪で肉を完全に覆うと、数か月間保存できるようになるのです。 オイルで煮た時点で食材には中まで火が通っているので、食べるときは軽く焼くだけでもOK。 表面を焼いてパリッとさせることで、肉の香りがより一層引き立ちます。 <hr style="height:1px;"> <h2>コンフィの種類</h2> それでは簡単に、いくつか代表的なコンフィの種類を紹介しましょう。 <a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=11"><img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001646.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> <b><a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=11" target="_blank"><span style="font-size:130%;">鶏もものコンフィ250g 400円</span></a></b> 揚げてもない、焼いてもない独特な食感が、いつものチキンとはまた違ったおいしさを作り出しています。 鶏肉の脂が煮るときに使うオイルに溶けだすので、さっぱりとした味わいに。 粒マスタードをつけて食べるのもオススメです! </a> <a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=10"><img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001650.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> <b><a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=10" target="_blank"><span style="font-size:130%;"><b>骨つき鶏コンフィ150g 400円</b></span></a></b> 低温の脂でじっくり火を通すので身がホロホロになり、骨からもはがれやすく、お子さんでも簡単にきれいに食べることができます。 骨から染み出した旨み成分が身にしっかりと溶け込んでいるのが特徴です。 ひとくち食べれば、その食感は絶品! 驚くこと間違いなしです。</a> <a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=4"><img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001647.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> <b><a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=4" target="_blank"><span style="font-size:130%;"><b>豚バラのコンフィ300g 800円</b></span></a></b> 脂の旨みが特徴の豚バラをオイルで煮ると、肉の持つ水分と旨みが溶け出すのを防いでくれます。 そのため、非常にしっとり柔らかくジューシーな仕上がりになるのです。 箸でも簡単に、サクッと切れちゃいます!</a> <a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=31"><img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001648.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> <b><span style="font-size:130%;"><b>鴨コンフィ280g 1300円</b></span></b></a> 鴨のもも肉は焼いただけでは固くて食べずらいことも多いですが、コンフィにすることによってビックリするほど柔らかく、ジューシーな仕上がりになります。 ソテーと比べると時間がかかってしまいますが、コンフィにするとグッと旨みが増すので、時間をかける価値アリです!< その他にも砂肝やサンマのコンフィ、そして果物のコンフィなど、たくさんの種類があります。 いろいろチャレンジして、自分好みのコンフィを見つけてみてください。 <hr style="height:1px;"> <h2>BBQでのコンフィの活用法・おすすめの食べ方</h2> <img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00000777.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> キャンプやアウトドアでのBBQで、肉の塊を焼く瞬間はテンションがグッと上がるはず。 しかし調理に時間がかかったり、食べてみたら生焼けだったなど、慣れていないと意外と苦労があります。 でもコンフィなら大丈夫! すでに低温でじっくりと煮てあるので、食べる前に表面をサッとグリルするだけOK。 簡単時短BBQ料理としても活用できます。 表面をカリッと香ばしく焼くだけで、柔らかくておいしいお肉が食べられるんです。 コンフィの良いところは「簡単」ということだけではありません。 いつもの料理にコンフィのお肉を足すだけでも、味わい深い料理に変身させることができます。 <img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001652.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> 例えば、カレーに鶏のコンフィを入れれば、いつもとは一味違った深みのあるチキンカレーに。 BBQ時のカレーにもこだわりたいという人にはぴったりの食材です。 そして保存性が高いことを活かして、キャンプの2日目の朝には、コンフィを挟んだホットサンドはいかがでしょうか? 前日に盛り上がって、少し疲れが残った眠い朝でも、ササっと表面を炙るだけでおいしいお肉の完成。 あとはお好みの野菜と一緒に、バケットに挟めば、おしゃれカフェにも劣らない素敵な朝食を堪能できます。 保存食にもなるので、週末のアウトドアに向けて、作り置きしておくことも可能です。 いつものキャンプやアウトドアでのBBQに、コンフィを試してみませんか?
  • 鶏もものコンフィ 250g
    ¥400
    フランス南西部が発祥の「コンフィ」。 コンフィの語源はフランス語の動詞「コンフィル(confire = 「保存する」)」からで、もともとは冷凍技術のない時代に、肉の保存のために考えられたものです。 塩をすり込んだ鴨肉や鶏肉・豚肉・砂肝などを、ひたひたの油脂の中に入れ、じっくり低温で加熱。そのまま冷やし、固まった脂肪でお肉を完全に覆うことで、数か月の保存が可能に。 高温で揚げるのではなく低温で煮ることで、肉をホロホロに柔らかく仕上げることができます。そのお味は、肉汁を逃さずしっとりジューシー。 すでに中まで火が通っているので、表面を香ばしくグリルしてお召し上がり下さい。 <h2>コンフィって何?</h2> 近頃、ビストロやワインバー、おしゃれなカフェなどでも見かけるようになった「コンフィ」をご存じですか? フランスではポピュラーな料理として親しまれるコンフィは、焼くのではなくオイルで煮て作ります。 保存性をあげることを目的に、昔から使われてきた調理法です。 <img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00000774.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> コンフィにする食材は、様々な種類の肉や果物であることが多く、肉の場合は油脂を、果物の場合は砂糖を用いて調理するのが一般的です。 高温で揚げるのではなく、低温で煮ることによって保存性が高まり、水溶性の化合物が外に出るのを防いでくれます。 そのため、食材本来に含まれる旨みや肉汁を逃さず、柔らかくしっとりジューシーに仕上げることができます。 日本ではおしゃれで贅沢な料理というイメージが強いようですが、もともとは冷凍技術のない時代に、肉の保存のために考えられたもの。 オイルで煮た後にそのまま冷やし、固まった脂肪で肉を完全に覆うと、数か月間保存できるようになるのです。 オイルで煮た時点で食材には中まで火が通っているので、食べるときは軽く焼くだけでもOK。 表面を焼いてパリッとさせることで、肉の香りがより一層引き立ちます。 <hr style="height:1px;"> <h2>コンフィの種類</h2> それでは簡単に、いくつか代表的なコンフィの種類を紹介しましょう。 <a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=11"><img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001646.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> <b><a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=11" target="_blank"><span style="font-size:130%;">鶏もものコンフィ250g 400円</span></a></b> 揚げてもない、焼いてもない独特な食感が、いつものチキンとはまた違ったおいしさを作り出しています。 鶏肉の脂が煮るときに使うオイルに溶けだすので、さっぱりとした味わいに。 粒マスタードをつけて食べるのもオススメです! </a> <a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=10"><img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001650.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> <b><a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=10" target="_blank"><span style="font-size:130%;"><b>骨つき鶏コンフィ150g 400円</b></span></a></b> 低温の脂でじっくり火を通すので身がホロホロになり、骨からもはがれやすく、お子さんでも簡単にきれいに食べることができます。 骨から染み出した旨み成分が身にしっかりと溶け込んでいるのが特徴です。 ひとくち食べれば、その食感は絶品! 驚くこと間違いなしです。</a> <a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=4"><img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001647.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> <b><a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=4" target="_blank"><span style="font-size:130%;"><b>豚バラのコンフィ300g 800円</b></span></a></b> 脂の旨みが特徴の豚バラをオイルで煮ると、肉の持つ水分と旨みが溶け出すのを防いでくれます。 そのため、非常にしっとり柔らかくジューシーな仕上がりになるのです。 箸でも簡単に、サクッと切れちゃいます!</a> <a href="http://market.realbbq.jp/products/detail.php?product_id=31"><img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001648.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> <b><span style="font-size:130%;"><b>鴨コンフィ280g 1300円</b></span></b></a> 鴨のもも肉は焼いただけでは固くて食べずらいことも多いですが、コンフィにすることによってビックリするほど柔らかく、ジューシーな仕上がりになります。 ソテーと比べると時間がかかってしまいますが、コンフィにするとグッと旨みが増すので、時間をかける価値アリです!< その他にも砂肝やサンマのコンフィ、そして果物のコンフィなど、たくさんの種類があります。 いろいろチャレンジして、自分好みのコンフィを見つけてみてください。 <hr style="height:1px;"> <h2>BBQでのコンフィの活用法・おすすめの食べ方</h2> <img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00000777.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> キャンプやアウトドアでのBBQで、肉の塊を焼く瞬間はテンションがグッと上がるはず。 しかし調理に時間がかかったり、食べてみたら生焼けだったなど、慣れていないと意外と苦労があります。 でもコンフィなら大丈夫! すでに低温でじっくりと煮てあるので、食べる前に表面をサッとグリルするだけOK。 簡単時短BBQ料理としても活用できます。 表面をカリッと香ばしく焼くだけで、柔らかくておいしいお肉が食べられるんです。 コンフィの良いところは「簡単」ということだけではありません。 いつもの料理にコンフィのお肉を足すだけでも、味わい深い料理に変身させることができます。 <img src="http://market.realbbq.jp/common/cont/news/ex/grl_00001652.jpg" width="760" height="auto" alt="" class="pict" /> 例えば、カレーに鶏のコンフィを入れれば、いつもとは一味違った深みのあるチキンカレーに。 BBQ時のカレーにもこだわりたいという人にはぴったりの食材です。 そして保存性が高いことを活かして、キャンプの2日目の朝には、コンフィを挟んだホットサンドはいかがでしょうか? 前日に盛り上がって、少し疲れが残った眠い朝でも、ササっと表面を炙るだけでおいしいお肉の完成。 あとはお好みの野菜と一緒に、バケットに挟めば、おしゃれカフェにも劣らない素敵な朝食を堪能できます。 保存食にもなるので、週末のアウトドアに向けて、作り置きしておくことも可能です。 いつものキャンプやアウトドアでのBBQに、コンフィを試してみませんか?

SHARE