RECIPE事例紹介

「黒糖」が隠し味!?ジャークチキンの作り方のコツ vol.1

ジャークチキンとは



青く穏やかなカリブ海に囲まれたレゲエの国、ジャマイカで親しまれる「ジャークチキン」。黒胡椒やオールスパイスなどで味付けしたチキンは元気になれるスパイシーさ。グリルでじっくりと焼き上げた瞬間、香辛料と炭火焼きの香ばしさのハーモニーが食欲をかきたてます。ひと口食べればきっと、スパイスとフルーツの芳醇な香りが絡み合う、複雑な味わいの虜になるはず。

ジャークチキンを作りたいときに便利なのが「ジャークシーズニング」というスパイス。様々なスパイスとハーブがミックスされているので、これさえあれば独特で複雑な味わいも、手間いらずで演出できるわけです。発祥はジャマイカですが、そのおいしさと使い勝手の良さが好評で、今では世界中で使用されています。もちろん、日本でもオンラインショップや輸入食品を取り扱うお店などで購入が可能です。チキンの他にも羊肉、エビ、豆腐、魚を使ったレシピにも活用できます。

ジャークチキンの作り方とコツ



ジャークチキンにはもも肉、むね肉など、使う肉も様々。お好みにもよりますが、初めての場合はポピュラーなもも肉がおすすめ。ジューシーな肉汁と、柔らかい食感がたまらないんです。BBQでジャークチキンを楽しみたいなら、前日から仕込みを始めましょう。まずはジャークシーズニングをまんべんなく肉にまぶし、漬け込んでおくのが基本的な作り方。一晩冷蔵庫で寝かせることによって、味が中まで浸透していきます。チキンを寝かせたら、あなたも次の日のBBQにワクワクしながら眠りにつきましょう。

REALBBQのおすすめは、ジャークチキンに隠し味として「黒糖」を加えること!スパイシーさの中に、黒糖らしい風味が加わり、マイルド感をプラスできます。一度だまされたと思ってトライしてみれば、次回から黒糖は欠かせない存在になるはず。そして味付けには、シナモン、クローブ、ナツメグの3つが交じり合った香りが楽しめる「オールスパイス」をお忘れなく。実はこのオールスパイスが、おいしく仕上げる秘密になってるんです。そんなこだわりが詰まった、焼くだけでOKなREALBBQ流のジャークチキンは絶品。

ジャークチキンのおすすめの食べ方



スパイスに漬け込んだジャークチキン。あとは両面を、焼き色がつくまでグリルするだけ。中まで火が通ったら完成です。さくさくっとお好みの大きさにカットして、そのおいしさをみんなでシェア。この瞬間、間違いなく幸せな気分になれるはず。自分のお皿にきたジャークチキンは、もうあなたの好きにして。そのまま食べても、ケチャップ、ライム、チリソースをかけてもイケる。この味の虜になったら、ジャークシーズニングを使って、ジャークポーク、ジャークフィッシュなんかもあり。

目を閉じればカリブ海に浮かぶ島ジャマイカの景色が見えてきませんか?

今回ご紹介した商品

SHARE